肝臓に良い食べ物

肝臓に良い食べ物

 

 

肝臓に良い食べ物というのは、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどを含んだ食べ物になります。たんぱく質は代謝や解毒に必要な酵素のもとになるので、破壊された肝機能の修復に貢献します。肉類には飽和脂肪酸やコレステロールが多いので、たんぱく質はできるだけ、魚や大豆製品から摂ることです。お酒のおつまみの定番である枝豆は、良質なたんぱく質を豊富に含んでいるので肝臓に良いです。脂肪を分解するコリンや脂肪を燃やすレシチンなども含まれているので、肝臓を改善して保護する効果を発揮してくれます。貝類やたこ、いかにはタウリンが多く含まれているので肝機能を高めることができます。タウリンを多く含む、タコ、イカ、ホタテや、ビタミンEを多く含む、アーモンド、かぼちゃなどを摂ると、肝機能を向上させることができます。中性脂肪を減らすEPA、DHAなどを多く含んでいる、まぐろやいわし、さばなどもおすすめで、肝細胞を修復することができるのが、ビタミン類、ミネラル類になります。肝臓はたんぱく質でつくられているので、肝細胞を再生させるために、肉、魚、卵、大豆などがおすすめです。栄養素を代謝して体の各機能を調節、維持する働きのあるビタミンやミネラルも肝臓に良い食べ物です。

 

⇒肝臓の働きを助けるのは・・クニッツウコンたっぷりの元気ウコン!