アセトアルデヒドとは

アセトアルデヒドとは

 

 

アセトアルデヒドとは、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素で分解された際にできる中間代謝物質のことです。アセトアルデヒドは有害物質であり、吐き気、呼吸促拍、心き亢進を起こすなどの強い生体反応を示します。血液中に有害なアセトアルデヒドが残ると悪酔いを起こします。二日酔いの症状に似ていることから、アセトアルデヒドは二日酔いの犯人とも考えられています。アセトアルデヒドは、アルコールが体内に取り入れられることにより肝臓で分解される際に発生するものなので、二日酔いと関係しています。アセトアルデヒドは毒素成分が強く、飲酒などで発生したアセトアルデヒドは体内でDNAなどと結合することで様々な疾患を引き起こします。飲酒で発生したものは発癌性があるので気をつけないといけません。アセトアルデヒドの毒性は、飲酒だけでなく様々なところで指摘されています。煙草の煙などにもアセトアルデヒドは潜んでいて、ニコチンとの相乗作用により、煙草の中毒性を増強させてしまいます。しかしアセトアルデヒドの毒性を使った治療法もあり、アルコール中毒を治す際に使用される薬には、酵素の働きを抑制する効果があります。

 

アルコールもそうだけど・・翌朝スッキリ目覚められると評判がこれ!